<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 29日

和綿の人

b0087077_1732210.jpg梅雨のはずなのに、暑い日が続きます。田んぼに入るとヒンヤリ。苗の補植が続いています。田んぼの畦に植えた向日葵が蕾をつけています。その間に生えてるのは和綿の芽。




b0087077_17235721.jpgその和綿の種を植えた友人に、帯を織って頂きました。彼女が初めて作った帯。素朴で素直な人柄が感じられ、今後も無理をせずマイペースな生活してね・・聞こえてるかな。。
また、帯止めは、また違う友人の作品。彼についてはまた、改めて。
2人とも、田んぼ仲間。物作りは、孤独な作業。どうしても近視眼的になりがち。田んぼでいろんな人に出会える、1人では出来ない田んぼ作業。井戸端会議みたいな役割を田んぼがしてくれているようです。

b0087077_17181939.jpg放りっぱなしの畑に行ったら、堆肥の脇から南瓜が沸いていました。蔓が渦を巻いています。
生命力ってすごい・・ですね。
[PR]

by 2of4of1 | 2006-06-29 17:53 | 衣・住~アート | Trackback | Comments(12)
2006年 06月 24日

土偶さん、そして「千夜トーク」

1年で一番夜の短い6/21夏至の夕方、ある個人のお宅で、土偶見学会がありました。
金庫からうやうやしく白手袋をつけ出された桐の箱。しずしずと、中央を進みます。
白綿に優しく包まれて出された、その方は机の中央に立ちました。
つぶらな瞳と口。体には植物文様のような繊細な装飾柄。耳に小さな穴も開いています。
頭の後方に穴が開いていて、そこには埋葬された子供の歯や骨が入っていたのです。
この土地に生まれ育ち、愛されて、またこの土地に還った子供。
この土偶さんも、きっとこの土地風土を愛されたことでしょうね。
博物館で見るよりも、出土したこの土地で見れたことが、ずっと感動的な体験でした。
稲を育てるような日々の生活を大切する心と、ハレを表現する心が離れていない古代の形。
つぶらな瞳にずっと見つめられて・・寝ついても、瞼に焼きついておりました。
b0087077_12384585.jpgそんな土偶さんとも話してみたい、千夜トークとは・・・・まあ、簡単にいえば、きっと四方山話ですね。趣味とか、好きな食べ物、好みのタイプとか・・そんなはずないかしらん?!(byちょろり)


「一つの空間が、千の空間になる」をコンセプトにオープン以来、
多様な空間(展覧会)を持って参りました・・・・
千夜トークは、参加者全員で「場」を共有し、作る試みです。
多くの方のご参加をお待ちしております。
なお、弊廊では「!Fiestas de Chiapas!メキシコ・チアパスまつり」展を開催致しております。版画/インスタレーション作家、荒木珠奈さんによるアニメーション作品、インスタレーション、メキシコ合衆国チアパス州のインディヘナの人々の作品を展示しております。千夜トークは本展閉廊後の午後7時より開催致します。
お時間に余裕がございましたら、少し早めにご来廊頂き、ぜひ、こちらの展覧会の方もご高覧賜りたく、どうぞよろしくお願いいたします。  (千空間 草野千秋)

千夜トーク 第9夜 ・・詳しくは7/3に改めて
◆日時:7月3日(月)19:00~21:00◆場 所: GALLERY千空間 詳しくはここ
[PR]

by 2of4of1 | 2006-06-24 16:30 | 2006・泥焼・夏祭・土偶
2006年 06月 19日

灯りと明かり

昼間、日光浴をいっぱいして、夜に備えます。なぜかって、それは。。。
b0087077_21513899.jpg























青い光りはソーラーライト。まるで宇宙船みたい。
暖かい赤い光りは蝋燭。まるで、小人の家か、生き物っぽい。
光りで雰囲気は大分違うんだと、しみじみ。。
b0087077_21521655.jpg
[PR]

by 2of4of1 | 2006-06-19 22:07 | 2006・うつろいのさま/植物文様 | Trackback(1) | Comments(12)
2006年 06月 18日

ちょろりって、なあに?

ちりんりを知らない方は、ちょろりって?・・って思ってることでしょう。
今日、梅雨の中で生まれたちょろりがいます。
でも、もうずっと前に現れたちょろり・・それについては、ネームカードかここを。クリック
b0087077_2226730.jpg















そして、待ちに待ったキュウリの初物が取れました♪やっとキュウリ食べれる~ぞ
b0087077_22384972.jpg
[PR]

by 2of4of1 | 2006-06-18 12:31 | ちょろり&仲間の紹介 | Trackback
2006年 06月 16日

植物文様のプラン、そして源氏蛍ツアー

昨日は、東京へ、屋外に置く予定の次回作品の中に照明を!と、本当はロウソクが良いけど安全性を考えて、良きソーラーライトはないものかしらねえ?とまず東急ハンズに探しに行きました。
ネットで探しても手に取ってみないと解らないよね。
屋外に置いて雨もOKで作品の中に入れたいとなるとねえ。

それに加え、友人の展覧会巡りも。その中で今度、植物文様展で、ご一緒する、
小川敦生さんのseem2人展紹介   
6/11-18渋谷区猿楽町、gallery it's
http://www.gallery-it's.com/
アクリル棒に歯医者さん用の機材で彫った線の透明感や繊細さに、改めて実物の綺麗さ・・ 彼の作品については・http://www.turqoiserosco.com/atsuo_ogawa.htmlまで

粘土に意味もなく触れていると、惹きつける美しい形の断片。
その秩序らしい種を膨らまし見つけた、成型中に穴をあけ作る方法。
行為は人間以外が作ったような形に変えた「サンゴで作ったの?」と。
無作為な形を表現したく、いっぱい穴の開いた形にしたんだった。
頭で計算することを超えた、その先にあるものを作りたかったんだ。
出現する様々な大きさの半球体連なり。
いつ終わり始まるか未定、場所によって形の繋がり方を変えてきた。
雲が、植物が、増殖したり減殖するように。
そして球体の1つ1つの空洞を、覗く。
個々の棲家のように、今日は誰が何処に棲んでいるんだろうか。
私が作り終えた後に・・
屋内で人とお話し、屋外で虫の棲家になり、風や光、雨や音と触れ合い、
自然や人と交感しながら、新しい時空間を持ってくれたら、、。
そう、昼間は日光浴しつつ、夕方からは作品の中に明かりを灯し、
皆様のおこしをお待ちしております。
そんな夢想の次回プランを模型にするとこんな形になりました。
b0087077_12542034.jpg














夕方トンボ帰り、急いで、帰宅。
それは近くで、第1回・蛍の恋愛物語2006、「蛍の密会見学ツアー」が・・
タイトルは怪しいですが、雨なのにけなげに儚い美しさ・・
こんな天然の蛍が棲める環境よ、いつまでも変わらないでね。
源氏蛍は、オスが空中を光りながら飛び、草むらのメスがそれを気に入ったら、合図ですごく光るらしい。メスがオスを選ぶ全権を持っているらしい。
蛍のメスが気に入らないオスって?いったい?不思議不思議。。。
そんな源氏蛍の講義もありました http://sakasabotaru.kt.fc2.com/index.htm
講義中にオスが光るように懐中電灯を草叢にゆっくり点滅させると、メスがOKの合図をくれました。ごめん、人間で。。
蛍はまた聴覚が敏感だそう。。その時の川の音に合わせて光るんだって!!
b0087077_2028329.jpg
[PR]

by 2of4of1 | 2006-06-16 13:24 | 2006・うつろいのさま/植物文様 | Trackback | Comments(10)
2006年 06月 12日

田植えだよ、全員集合~!

6/9,10,11日、苗とりから田植えまで、連日の慣れない農作業にバテバテですけど、
述べ71人の皆さんの協力のお蔭でみごと植えることが出来ました。
雨が屋久島でスコールが降るように、激しかったり晴れたり・・気候が変わったみたい。
でも、いっぱいのタニシ、オケラ、へび、鴨さんたち・・・今年も何処からともなくやって来てくれました。青カエルさんたちの大合唱~当分続くことでしょう。手前のビオトープは満開の菖蒲。
みんなみんな、ありがとう~
b0087077_6104378.jpg














そんな、お礼をこめて、早苗振り(田の神様にお供え物をして今年の五穀豊穣を祈り、
そのおこぼれに預かって神人共食をする神事)のためのジェンカ替歌!を皆で捧げることに。
疲れきっているはずなのに・・相変わらずです。

Let's Join 早苗振りだ 
Let's Dance 踊ろうよ 
Let's sing 皆で祝おう田植えの喜び

Let's Kiss 頬寄せて 
Let's Kiss 目を閉じて 
Let's Kiss 田の神様にキスをしようよ!
イ~セ~ヒカリ、おくのむらさき、
古代のお米、 神丹穂、長黒、ベニロマン

Let's Come 永塚へ
Let's Work 田の作業
Let’s Join 田んぼを丸ごと楽しむ仲間~(by ちんしゃん作詞)
[PR]

by 2of4of1 | 2006-06-12 06:33 | 田んぼ日誌 | Trackback | Comments(10)
2006年 06月 03日

東京アート・・の1日

今日は、展覧会巡りの1日してから(最寄の方はどうぞ~)
次回の展示打ち合わせを「Da Da Cafe」にて。すごい気に入ったあ!!
CAFEの報告は又の機会に。
まず、5/27~6/10、代官山のパーソナルギャラリー地中海、高橋正子展油絵。
アンリ・ルソーが描く熱帯林を思い出し、むせ返る空気を呼び起こす。
前描いた絵の骨組みの木を再利用して作った額縁がまた良い。日本的な優しさ、懐かしさ。
正子さんは絵のような方でした。
b0087077_18584061.jpg













5/26~6/20、代々木、千空間、丸橋正幸展キャンバス地に胡粉、膠、油絵。
キャンバスの下地作りの段階から絵の具を滲み込ませていく。油絵なのに水彩画に見える。
横から拡大して質感を・・やっぱり無理かあ。やはり気持ち良くする絵って好いものです。
b0087077_19113577.jpg














でもって、もうじき、田植えが始まるんです!!わ~いわ^いわ~!
6/9、10,11に!次回は、田植えのこと!
[PR]

by 2of4of1 | 2006-06-03 19:48 | 衣・住~アート | Comments(6)
2006年 06月 01日

再、Secret Gardenにて

この花って、なあに?  ・・ひそやかに、ささやかに・・
b0087077_23352637.jpg


























一方、家の中はラン様達が豪華絢爛。。どちらがお好き?
b0087077_23571838.jpg
[PR]

by 2of4of1 | 2006-06-01 23:40 | Garden&House | Trackback | Comments(14)