千妖炉璃 ちょろり!日々徒然

chorori241.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:土と記憶と対話( 28 )


2017年 06月 14日

楽焼って?…改めて調べ

先日、焼き上がった大茶碗。
燃料を薪、炭、畑庭の枝木。自作の低下度釉を塗り、800℃内外で焼き、急熱急冷して取り出したもの。
改めて…楽焼について調べてみる。
本来は楽家由来の焼物だけど、私の場合も一般的には楽焼と呼んでも良いらしい。


1 手捏ねで成形し、低火度で焼いた軟質の陶器。天正年間(1573~1592)京都の長次郎が千利休の指導で創始。赤楽・黒楽・白楽などがある。2代常慶が豊臣秀吉から「楽」の字の印を下賜されて楽を家号として以降、楽家正統とその傍流に分かれ、前者を本窯、後者を脇窯という。聚楽(じゅらく)焼き。楽。固有名詞
2 一般に、素人が趣味などで作る、低火度で焼いた陶器。普通名詞
b0087077_15460516.jpg


b0087077_15460654.jpg


[PR]

by 2of4of1 | 2017-06-14 15:32 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 01日

スーク 緑の10日間へ

スークへ…
b0087077_11270882.jpg

鳳来寺山の旧門谷小学校にて、カフェ爾今さん主催の、スークへ。
山笑う…ような緑に囲まれて。
校舎内では小林憲明さん、玉井智子さんのアート展示。
四年ぶりの小林氏展示。ダキシメルオモイの深みを…益々の広がりにパワーアップしての展示に。
玉ちゃんは初展示という新しい世界へのデビュー!
5/6まで展示あり。
応援してます(*☻-☻*)
b0087077_11270980.jpg

b0087077_11271032.jpg

手打ち蕎麦 つれづれ…ゆったり午後の昼下り。
美味しゅうございました。
b0087077_11271036.jpg

b0087077_11271102.jpg

スークへ…続く橋の下に流れる川。
このゆったりとした時間の記憶が詰まった川土をおみやげに。
b0087077_11271126.jpg

[PR]

by 2of4of1 | 2017-05-01 11:11 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 30日

名豊ビル50年の閉館

名豊ビル50年…とうとう閉館。
ファイナルイベントありました。
その後…まちなか広場やまちなか図書館に再開発され…知と交流の創造拠点になる予定です。
b0087077_11511151.jpg

b0087077_11511225.jpg

その裏の狭間公園のツツジ。
土の記憶…。
b0087077_14562381.jpg



[PR]

by 2of4of1 | 2017-04-30 11:11 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 11日

水上ビル近くの桜

あいちトリエンナーレ豊橋会場近くの狭間公園にて、もうじき無くなる桜。
この辺りは再開発ゆえに新たにビルが建つ。
桜は知ってるように…なんだか美しい。
b0087077_15353666.jpg

[PR]

by 2of4of1 | 2017-04-11 15:37 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 08日

明星編〜土と記憶と対話シリーズ

以前作った「明星編〜土と記憶と対話シリーズ」茶碗を改めて整理します。

色々お世話になっている明星ライブラリーの裏畑の土を頂き、ねんどに混ぜて作った3つの茶碗。
ガラスビン内が、その土
b0087077_20545399.jpg

明星の土が斑点の模様になっています
b0087077_20545430.jpg

2014年「天上の源流」展、
明星ライブラリー屋根裏部屋にて
b0087077_20545500.jpg


[PR]

by 2of4of1 | 2017-04-08 20:46 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 04日

表浜編〜土と記憶と対話シリーズ

楽焼で焼き上がった、平茶碗。
すーっと開けた時空間…
「私の原風景 表浜砂編〜土と記憶と対話シリーズ」
茶碗の粘土に表浜砂を練り込んでいます。
二番目写真は左から、
半磁土に表浜砂入皿、平茶碗の内側、ビンに入れた砂
表浜では以前、DM作品写真を撮りました
b0087077_16433143.jpg

b0087077_16433213.jpg

b0087077_00362272.jpg




[PR]

by 2of4of1 | 2017-04-04 16:32 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 01日

池田公園にて…桜

名古屋では桜が咲き始めました。
雨に濡れた池田公園の桜。
こちらの土も出来れば「土と記憶と対話」シリーズに。
名古屋に来るとよく立ち寄る地域。それは…
b0087077_21360515.jpg

近くの画廊、ハートフィールドへ。
只今、友人ガラス作家、青木邦恵氏の展示。清々しく安定した気持ちにさせて、くれる。暫し…金継やカスガイについて話盛り上がる。不思議なことに相手が思う事をすぐ私が話すので、これはいわゆるテレパシー受信状態(笑)どちらかがイタコ状態或いは2人とも。アートってそういう力がある。
b0087077_21360574.jpg


[PR]

by 2of4of1 | 2017-04-01 21:14 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 20日

東観音寺の、二の午大祭

毎年旧暦2月の二の午の日に、御本尊の馬頭観音を詣でる大祭が行われる、東観音寺に出かけました。この寺は、1200年歴史ある東三河の名刹。かつては境内が人で埋め尽くされたようですが、今はほのぼのした祭になったようです。

昔は立春(2月4日頃)が一年の始まりとされ、初午はその年最初の午の日で、新暦に当てはめると3月くらいにあたり、農作業を始める目安ともなっていた。現在でも旧暦で初午、二の午、三の午のお祭りを行う神社や地域もあり、、、日々暮らしは、お祭りにつながっていくのですね。今日は、春分の日。
のどかほのぼの…好い感じの参道。
b0087077_23533495.jpg

馬頭観音が有名で、絵馬札を守護救済の守りとして持ち帰るそうです。交通安全の御守りを頂きました。
近年は馬を飼う方が少ないので
植木市が主な市だそうです。
b0087077_23533473.jpg

なんと滅多に拝観出来ない御開帳があり、幸運にも、重要文化財の阿弥陀如来像、運慶作のお面、円空仏…など御宝を色々拝見出来ました。交通便が悪いせいかひなびていますが、大満足な昼下がりになりました。
b0087077_23533583.jpg

b0087077_23533652.jpg

b0087077_23533737.jpg

b0087077_23533747.jpg

b0087077_23533891.jpg

b0087077_23533963.jpg




[PR]

by 2of4of1 | 2017-03-20 23:30 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 19日

宇津江港へ…

ふと途中下車にて三河湾の宇津江港へ、
立ち寄り。
暫し静かな内海の景色を拝見しつつ、
土砂を頂く。
以前、作って頂いた展覧会「天上の源流」用CDに、こちらの海の音を撮って頂きました。
そんな記憶を思い出しつつ、土の記憶と対話シリーズを考えていきます。
b0087077_20533522.jpg

b0087077_20533614.jpg


[PR]

by 2of4of1 | 2017-03-19 11:11 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 13日

呼続公園

呼続公園に。
呼続公園内で自噴しており、湧水が流れ着く先には池があります。
公園一帯からは縄文晩期の竪穴式住居や中世の掘立柱建物の遺構が見つかっており、
曽池の周辺からは土師器や山茶碗が、
グラウンド造成の際にも須恵器が出土していることから、曽池遺跡と呼ばれているらしい。
親子が公園でほのぼの遊んでいるのをみると・・ゆったりとした気持ちに満たされました。
b0087077_00253848.jpg

b0087077_00253908.jpg

b0087077_00254090.jpg

b0087077_00254086.jpg

b0087077_00254160.jpg

b0087077_00254287.jpg

b0087077_00254254.jpg


[PR]

by 2of4of1 | 2017-03-13 00:23 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)