千妖炉璃 ちょろり!日々徒然

chorori241.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:土と記憶と対話( 41 )


2017年 10月 09日

二見興玉神社、伊勢神宮へ…

以前作品に全部使ってしまった清め砂を改めて頂きに二見興玉神社へ。
静かな海岸に辿り着くと、
急に何か不思議と落ち着く。
やはり古代からのパワースポット。
b0087077_20315074.jpg


b0087077_20315036.jpg

b0087077_20315160.jpg

b0087077_20315208.jpg

その後の伊勢神宮。
b0087077_20315214.jpg

自然の形と、人口の形。
どちらも美しい。
b0087077_20315376.jpg

b0087077_20315415.jpg

まるで現代アートみたいに感じる、
次の期間を待つ聖なる空間。
b0087077_20315536.jpg

お参り後は、定番の伊勢うどん。
b0087077_20315668.jpg

b0087077_20315698.jpg

ふと…水の写真が多いことに気づく
b0087077_12182171.jpg







[PR]

by 2of4of1 | 2017-10-09 20:17 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 07日

天白磐座遺跡・・など浜松直虎関連ツアーへ

友人おもてなし浜松直虎関連ツアーへ。
まずは腹ごしらえで駅前近く客が材料選ぶフォーのランチ。アーティストアトリエ訪問したり、古き良き友達に会ったり…
b0087077_00314707.jpg

渭伊神社へ
b0087077_00314991.jpg

古墳時代の巨石が点在する神秘の場所。
天白磐座遺跡へ。
b0087077_00314912.jpg

b0087077_00315008.jpg

b0087077_00315149.jpg

方広寺の懐石ランチ。
鰻もどきにびっくり。
b0087077_00315106.jpg

b0087077_08000366.jpg

b0087077_08000427.jpg

b0087077_08000573.jpg

龍潭寺へ
b0087077_07390562.jpg

b0087077_07390657.jpg

b0087077_07390726.jpg

なぎの木の、種
b0087077_08062747.jpg

田んぼの真ん中の井戸へ。
稲の美しさ…に改めて感動。
同行した皆さまに感謝です
b0087077_07390750.jpg










[PR]

by 2of4of1 | 2017-09-07 23:05 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 30日

楽焼

前日、薬かけ準備して。楽焼の準備…使っていなかった薬を改めて点検、調整。
それからの、
やり直し予定の作品に薬かけなど。
b0087077_10222687.jpg

b0087077_10222782.jpg

当日、窯の楽焼準備。
b0087077_10222708.jpg

b0087077_10222823.jpg

b0087077_10222919.jpg

b0087077_10223000.jpg

火入れ
b0087077_10223009.jpg

b0087077_10223176.jpg

b0087077_10223242.jpg

b0087077_10223243.jpg

b0087077_10240425.jpg

b0087077_10240569.jpg

b0087077_10240616.jpg

b0087077_10240618.jpg

b0087077_10240717.jpg

b0087077_10240873.jpg

b0087077_10240848.jpg





[PR]

by 2of4of1 | 2017-08-30 10:17 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 20日

茶碗作り

アートイベント セボネに参加展示するにあたり、随時ゲリラ的エア茶会の為に、
茶碗を制作し、乾燥させて楽焼予定。もうじき無くなってしまう狭間公園の土を入れました。
…土の記憶と対話シリーズの1つになる予定です。
間に合うか?…が問題ですが。もしや間に合わなければ、年末の展示に。
b0087077_18121830.jpg

狭間公園…
b0087077_18121934.jpg

桜が咲いた頃…あいちトリエンナーレ豊橋会場近くの狭間公園にて、もうじき無くなる桜。
この辺りは再開発ゆえに新たにビルが建つ。
桜は知ってるように…なんだか美しい。
b0087077_18122082.jpg


[PR]

by 2of4of1 | 2017-08-20 18:00 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 14日

楽焼って?…改めて調べ

先日、焼き上がった大茶碗。
燃料を薪、炭、畑庭の枝木。自作の低下度釉を塗り、800℃内外で焼き、急熱急冷して取り出したもの。
改めて…楽焼について調べてみる。
本来は楽家由来の焼物だけど、私の場合も一般的には楽焼と呼んでも良いらしい。


1 手捏ねで成形し、低火度で焼いた軟質の陶器。天正年間(1573~1592)京都の長次郎が千利休の指導で創始。赤楽・黒楽・白楽などがある。2代常慶が豊臣秀吉から「楽」の字の印を下賜されて楽を家号として以降、楽家正統とその傍流に分かれ、前者を本窯、後者を脇窯という。聚楽(じゅらく)焼き。楽。固有名詞
2 一般に、素人が趣味などで作る、低火度で焼いた陶器。普通名詞
b0087077_15460516.jpg


b0087077_15460654.jpg


[PR]

by 2of4of1 | 2017-06-14 15:32 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 01日

スマイルくん、矢田編

30㎝四方の網など…重ねる。
備長炭は上にと、普通炭下に敷いて
隙間に籾殻。温度ゆっくりのために
b0087077_00121177.jpg

b0087077_00121103.jpg

b0087077_00121207.jpg

b0087077_00121331.jpg

b0087077_00121333.jpg

b0087077_00121423.jpg

なるべくゆっくり3時間で温度上げのつもり。が、ヨコ蓋開けて茶碗確認した際に、空気入ったせいか?一気に350℃から550℃に温度が上がる
側面の薬が弾いて流れてるようで心配。
約1時間で850℃になり…窯出し。
水入れはやめた。
b0087077_00232584.jpg

下から薪、木の枝で温度を上げていく。
b0087077_00121553.jpg

燻し用の、枯葉は、梅の葉。
b0087077_00121536.jpg

残りの炭は水へ。備長炭残る。
b0087077_00121696.jpg

b0087077_00121746.jpg


[PR]

by 2of4of1 | 2017-06-01 00:10 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 24日

薪楽焼、16回目

①午前中、素焼作品に薬かけ。ランチ
2:00~窯野中の準備、炭、蒔、温度計
2:25点火
2:35~300℃
2:40~480℃
2:50~750℃出し燻製し水入れ…
3:05~700℃ ・・3個終わり

②煙突で作品焙り(反省点は沿道で温める方がもっと良かった
3:20~入れる・・・700℃のまま下がらず・・パチっ音。何か作品割れ?・・
3:30~700℃
3:37~650℃ 1個出し(中観て既に溶けている確認)
3:42~600℃ 2個め出し…燻し…
4:00終了

大きいスマイル君(矢田編茶碗)は次回に…,
b0087077_18592371.jpg


b0087077_10213712.jpg

b0087077_10213825.jpg


b0087077_10213947.jpg

b0087077_20574739.jpg


b0087077_10195260.jpg

b0087077_10195389.jpg


b0087077_18592482.jpg

b0087077_18592514.jpg




[PR]

by 2of4of1 | 2017-05-24 23:18 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 01日

スーク 緑の10日間へ

スークへ…
b0087077_11270882.jpg

鳳来寺山の旧門谷小学校にて、カフェ爾今さん主催の、スークへ。
山笑う…ような緑に囲まれて。
校舎内では小林憲明さん、玉井智子さんのアート展示。
四年ぶりの小林氏展示。ダキシメルオモイの深みを…益々の広がりにパワーアップしての展示に。
玉ちゃんは初展示という新しい世界へのデビュー!
5/6まで展示あり。
応援してます(*☻-☻*)
b0087077_11270980.jpg

b0087077_11271032.jpg

手打ち蕎麦 つれづれ…ゆったり午後の昼下り。
美味しゅうございました。
b0087077_11271036.jpg

b0087077_11271102.jpg

スークへ…続く橋の下に流れる川。
このゆったりとした時間の記憶が詰まった川土をおみやげに。
b0087077_11271126.jpg

[PR]

by 2of4of1 | 2017-05-01 11:11 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 30日

名豊ビル50年の閉館

名豊ビル50年…とうとう閉館。
ファイナルイベントありました。
その後…まちなか広場やまちなか図書館に再開発され…知と交流の創造拠点になる予定です。
b0087077_11511151.jpg

b0087077_11511225.jpg

その裏の狭間公園のツツジ。
土の記憶…。
b0087077_14562381.jpg



[PR]

by 2of4of1 | 2017-04-30 11:11 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 08日

明星編〜土と記憶と対話シリーズ

以前作った「明星編〜土と記憶と対話シリーズ」茶碗を改めて整理します。

色々お世話になっている明星ライブラリーの裏畑の土を頂き、ねんどに混ぜて作った3つの茶碗。
ガラスビン内が、その土
b0087077_20545399.jpg

明星の土が斑点の模様になっています
b0087077_20545430.jpg

2014年「天上の源流」展、
明星ライブラリー屋根裏部屋にて
b0087077_20545500.jpg


[PR]

by 2of4of1 | 2017-04-08 20:46 | 土と記憶と対話 | Trackback | Comments(0)