2017年 03月 20日

東観音寺の、二の午大祭

毎年旧暦2月の二の午大祭が行われる、東観音寺に出かけました。
昔は立春(2月4日頃)が一年の始まりとされ、初午はその年最初の午の日で、新暦に当てはめると3月くらいにあたり、農作業を始める目安ともなっていた。現在でも旧暦で初午、二の午、三の午のお祭りを行う神社や地域もあり、、、日々暮らしは、お祭りにつながっていくのですね。今日は、春分の日。
のどかほのぼの…好い感じの参道。
b0087077_23533495.jpg

馬頭観音が有名で、絵馬札を守護救済の守りとして持ち帰るそうです。交通安全の御守りを頂きました。
近年は馬を飼う方が少ないので
植木市が主な市だそうです。
b0087077_23533473.jpg

なんと滅多に拝観出来ない御開帳があり、幸運にも、重要文化財の阿弥陀如来像、運慶作のお面、円空仏…など御宝を色々拝見出来ました。交通便が悪いせいかひなびていますが、大満足な昼下がりになりました。
b0087077_23533583.jpg

b0087077_23533652.jpg

b0087077_23533737.jpg

b0087077_23533747.jpg

b0087077_23533891.jpg

b0087077_23533963.jpg




[PR]

by 2of4of1 | 2017-03-20 23:30 | 土の記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://chorori241.exblog.jp/tb/26732496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


     宇津江港へ… >>