2017年 03月 13日

呼続公園

呼続公園に。
呼続公園内で自噴しており、湧水が流れ着く先には池があります。
公園一帯からは縄文晩期の竪穴式住居や中世の掘立柱建物の遺構が見つかっており、
曽池の周辺からは土師器や山茶碗が、
グラウンド造成の際にも須恵器が出土していることから、曽池遺跡と呼ばれているらしい。
親子が公園でほのぼの遊んでいるのをみると・・ゆったりとした気持ちに満たされました。
b0087077_00253848.jpg

b0087077_00253908.jpg

b0087077_00254090.jpg

b0087077_00254086.jpg

b0087077_00254160.jpg

b0087077_00254287.jpg

b0087077_00254254.jpg


[PR]

by 2of4of1 | 2017-03-13 00:23 | 土の記憶と対話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://chorori241.exblog.jp/tb/26714838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 桜桃、雪柳、ヒマラヤゆきのした...      宇宙派展始まりました >>